伊勢かまぼこの「若松屋」

創業明治三十八年。伊勢かまぼこの若松屋は真心こめた手作りで百余年。自慢の味を伊勢志摩よりお届けいたします。

ご連絡先

若松屋 本店
三重県伊勢市河崎1丁目9−28
 0596-23-1721
おかげ横丁 若松屋
三重県伊勢市宇治中之切町52
 0596-23-8833
若松屋 下野工場店
三重県伊勢市下野町653−9
 0596-31-0123
若松屋 外宮前店
三重県伊勢市本町13-6
 0596-22-5177
若松屋 宮川店
三重県伊勢市西豊浜町1296-2
 0596-65-6565
Image Alt
  /  月替りかまぼこ   /  【月替り6月】うに湯葉蒲鉾
月替りかまぼこ・6月】うに湯葉蒲鉾

【月替り6月】うに湯葉蒲鉾

うにの旨味を味わい深い湯葉で閉じ込める

6月の月替りかまぼこは、ウニと湯葉を組み合わせたとても贅沢な逸品。

湯葉を作っていただくのは、三重県内初の湯葉専門店を経営する浜口さん。
湯葉といえば京都や日光が有名ですが、これらの味に引けを取らないこだわりの湯葉づくりを行っています。

「美味しい!という一言をいただくために、本物を作ることが私達のこだわり」
そう話す浜口さんの湯葉に向けられる眼は真剣そのもの。
その眼を見ているだけで、湯葉への情熱が伝わってきます。

大豆を約6時間水に浸し、ペースト状にして漉したものが豆乳になります。
豆乳を温めて表面にできた膜が湯葉になります。
作り方がとてもシンプルなため、素材の良し悪しが味を左右します。

そんなこだわり湯葉を使って、贅沢にウニの風味を閉じ込めます。

ウニはすり身の中にたっぷりと練りこみ、かまぼこの上塗りに。
ウニ独特の臭みがないよう、ウニ選びには細心の注意を払い、嫌味のない食べやすいウニを仕入れています。

その上から、かまぼこを包むように湯葉をのせ、かまぼこと一緒に蒸し上げます。
湯葉でしっかりと閉じ込めることで、ウニの旨味が逃げていきません。

全ての工程を、若松屋かまぼこ職人がお召し上がりいただく方のことを考え、手作りの完全受注生産で行ないます。